2018.01.30 【人気急上昇中!】ベトナム・フーコック島を120%満喫する方法

ベトナム最後の秘境とも言われるベトナム・フーコック島は、日本でも徐々に知名度が高まりつつあるリゾートアイランドです。そんなフーコック島に実際に足を運んだタビカジスタッフが、フーコック島を120%満喫する方法をまとめてみました。

 

フーコック島とは?

フーコック島はハノイから飛行機で約2時間、ホーチミンからだと1時間程で行ける、ベトナム最大の島です。サラサラの白砂ビーチや緑が生い茂る山々の自然を楽しめると同時に、中心部にはバーやレストラン、マッサージ店なども充実している為、快適なリゾートライフを満喫することができます。近年マリオットやノボテル等ラグジュアリーホテルも続々とオープンしているので、『ベトナム最後の秘境』と言えどもハイクラスなステイも楽しむことができます。

《基本情報》

■通貨 ドン

※日本円への簡単な換算方法は0を2つとって、2で割るだけ!

■言語 ベトナム語

■時差 -2時間(日本より2時間遅れている)

■気候 乾季:11~4月 雨季:6~10月 

■電圧 220~240V(日本は100V)

※ベトナムのプラグはC型ですが、ACどちらも挿せるタイプのプラグが多いので、日本のA型でも問題ありません。

■チップ 基本的に不要。

 

その1 バイクをレンタル

フーコック島に着いたら、まずはバイクレンタルがおすすめ!島内に公共交通機関はなく移動手段はタクシーに限られる為、120%満喫する為にはレンタルバイクが必須です。街中には多くのレンタルバイクショップがあり、1日あたり500円程でレンタルできるので、滞在期間中借りておけば便利です。

ちなみにベトナムでは50cc以下(日本でいう原付)のバイクは免許不要となっていますが、右側通行など日本の交通ルールとは異なる部分もあるので、気をつけて運転してください。

 

その2 ユーンドンエリアに宿泊

ラグジュアリーホテルに滞在してゆったりと過ごすのも良いですが、ネックなのがその立地。繁華街があるユードンエリアに出るには車で40~50分かかる為、ちょっと不便なんです。もし夜も思いっきり楽しみたい!ローカルな雰囲気を体験したい!ということであれば、ユードンエリアでの宿泊がおすすめです!ラグジュアリーとまではいきませんが、ホスピタリティー溢れる良いホテルがユーンドンエリアにもたくさんありますよ。

ちなみにユーンドンエリアには、スーパーマーケット、カフェ、レストラン、バー、ナイトマーケット、マッサージショップ等が立ち並び、遅い時間帯まで多くの観光客で賑わっています。

 

その3 シーフードを堪能

 

フーコック島に行ったら絶対食べたいのがシーフード。フーコック島は漁業が盛んなため、新鮮なシーフードをお安くお腹いっぱい食べられます!街中やビーチにあるレストランの店先では、貝や魚、海老等のシーフードが生簀に入れられており、その場で指差しで注文すれば、焼いたものをテーブルまで運んでくれます。

海老やホタテ、巻貝、うになど様々な種類のシーフードが取り揃えられていますが、その中でも『シャコ』は必食!日本のシャコより一回りも大きく、ロブスターのようにぷりっぷりのシャコが1匹あたり500~800円程で食べられます。

 

その4 格安マッサージでリラックス

アジア旅行の楽しみの1つがマッサージ!しかもフーコックでは1時間あたり1,000~2,000円程度でフルボディマッサージを受けられます。ユーンドンエリアには、マッサージ店もいっぱいあるので、凝り固まった疲れをほぐしましょう。

 

その5 サオビーチでチル

フーコック島といえばサオビーチ!その魅力は、歩くたびにきゅっきゅっと音のする鳴き砂の真っ白なビーチと、透明度の高い透き通った海水でしょう。ビーチ沿いには各ホテルや海の家(?)が用意したビーチベット(1日2,000円程でレンタル可能)があり、パーフェクトな環境が整っています。お気に入りの音楽や本を持って、1日ゆっくりと過ごしましょう。

反対にアクティブにマリンスポーツを楽しみたいという方には日帰りで行ける離島ツアーがおすすめです。フーコック島の南に浮かぶアントイ諸島を巡りつつ、シュノーケリングや釣り、ダイビングなどを体験できます。

John's Tours: http://johnsislandtours.com/en/

 

その6 観光スポット巡り

全周130km程の小さな島ですが、海や山だけでなく観光スポットもあるんです!

■ヌクマム工場

フーコックの特産品であるヌクマム(ベトナム料理でよく使われる小魚を原料とした魚醤)の製造工場は、フーコックで人気の観光スポットですが、魚を発酵させている為かなり強烈な臭いが広がっています。

■胡椒畑

良質な胡椒の産地として有名なフーコック島内には、複数の胡椒畑があります。畑によっては生の胡椒を試食できるので、ぜひ挑戦してみてください。

■遊園地・動物園

島の南部・ユーンドンエリアから車で30~40分の場所にあるヴィンパールリゾートは、ラグジュアリーホテルや遊園地・ウォーターパーク(ヴィンパールランド)、そしてベトナム唯一のサファリパーク(ヴィンパールサファリ)を併設した巨大リゾート施設です。小さなお子様も一緒に楽しめるので、ご家族連れにもおすすめです。

■チャン渓流(Suoi Tranh)・ダバン渓流(Suoi Da Ban)

フーコック内にはチャン渓流とダバン渓流の2つの渓流が流れています。地元の人も渓流のほとりでピクニックをする等、憩いの場として愛されています。

■フーコック刑務所展示館(The Coconut Tree Prison

蝋人形を使って戦時中の刑務所の生活を展示した、ちょっとシュールな展示館です。思わず目を背けてしまいたくなるような拷問シーンも再現されているので、お子様連れの方はご注意を。

■Ho Quoc Pagoda(寺院)

2012年に新たに建立されたHo Quoc Pagodaは山頂に位置する寺院で、海を見下ろせる絶景ポイントとしても人気を集めています。サオビーチより車で10~20分程の距離にあるので、ビーチ帰りに夕日を眺めるのがおすすめです。

 

以上、『【人気急上昇中!】ベトナム・フーコック島を120%満喫する方法』でした。フーコック島の魅力はなんといっても、そのちょうど良さにあると思います。海や山、渓流等の自然も残されつつ、レストランやバー等の飲食施設も充実しており、しかも物価が安いので、のんびりしたい!美味しいものが食べたい!リッチに遊びたい!という欲を全て満たしてくれるんです。1度行ったら絶対にリピートしたくなるベトナム・フーコック島。次のバケーションにいかがでしょうか?

 

RELATED

KEYWORD