2017.06.22 【フルマラソンでベストタイムを狙う人へ】ゴールドコースト・マラソンの5つの魅力

東京マラソンや皇居ラン、美ジョガーなるものが大流行してから早数年。ブームにのってランニングを始めた方の中には、「日本のマラソン大会は制覇したし、そろそろ走る舞台を海外に移したいな」とお考えの方も多いことでしょう。そんな方々にオススメしたいのが、きたる7月1日から2日間に渡ってオーストラリア・ゴールドコーストで開催される『Gold Coast Airport Marathon(ゴールドコースト・エアポート・マラソン)』!

まだまだホノルルマラソンやニューヨークシティマラソン、ボストンマラソン等に比べると知名度は低めですが、知れば知るほど参加したくなるゴールドコースト・マラソンの5つの魅力をご紹介します。

 

Gold Coast Airport Marathonとは?

©2017 Gold Coast Airport Marathon.

今年で39回目を迎えるゴールドコースト・エアポート・マラソン、通称GCAMはオーストラリアのクイーンズランド州・ゴールドコーストで開催される、大規模なマラソン大会で、毎年世界中から27,000人以上のランナーが集結し、日本からも1,000人程が参加しています。

美しい海岸線に沿った「ゴールドコースト・ハイウェイ」を南北に走るコースは、国際陸上競技連盟(IAAF: International Association of Athletics Federations)にも認定されているレベルの高いコースで、2014年にはゴールドラベルも取得しています。

今年は2017年7月1日(土)・2日(日)の2日間にわたって開催予定です!

ゴールドコーストマラソン日本事務局公式サイト

 

魅力1. ベストタイムを狙える!

国際陸上競技連盟公認のコースは、高低差がわずか8mとフラットな道のりのため、完走者の6割が自己ベストを更新している、非常に満足度の高い大会です。

またレースが開催される7月上旬のゴールドコーストの季節は冬。ただし冬といっても日本ほど気温が下がらないゴールドコーストは朝方の平均気温が約10℃、昼間でも16~20℃前後と、マラソンにはぴったりの温度となっています。しかも乾季にあたるため、雨もほとんど降らず、カラッとした晴天の中走れるため、ベストタイムが期待できるのです!

日本人ランナーにとっては、日本との時差が1時間しかないところもコンディションが整えやすく、魅力ですね。

 

魅力2. 抽選で漏れることがない

今年の2月に開催された東京マラソンの倍率は12.2倍、横浜マラソンでも2.7倍と日本で開催される大規模なマラソン大会は抽選倍率も高く、一般ランナーにとっては出場できるかどうか運次第、なのが悩みの種。

しかしゴールドコースト・マラソンはエントリーして参加費さえ支払えば誰でも参加可能。しかも前日までエントリーを受け付けているので(一部競技を除く)、応援に行ったけどやっぱり自分も参加したくなっちゃった!なんて方も気軽に参加できるのが魅力となっています。

 

魅力3. コースが最高!

高低差が少なく、フラットで走り易いというのはもちろんのこと、コース沿いに広がる景色もゴールドコースト・マラソンの魅力の1つ!サラサラのパウダービーチ越しに見える海や、突如そびえたつ高層ビル群、抜けるような青空、どこをとっても気持ちのよい景色が広がり、疲れも忘れて爽快に走れちゃいます。

 

魅力4. 家族で挑戦できる

ゴールドコースト・マラソンでは2日間あわせて8種目実施される為、子ども達は「ジュニアダッシュ」、おじいちゃん&おばあちゃんは「5.7kmチャレンジ」、ママは「10kmラン」、パパは「フルマラソン」というように、家族みんなで参加できるのが魅力。それぞれ街頭で応援し合えば、ベストタイムが出せること間違いなしです!

日程/種目

7月1日(土)

 種目 スタート時間 年齢制限 制限時間
 10kmラン 6:30 満12歳以上 1時間30分
 5.7kmチャレンジ 8:00 なし 1時間
 4kmジュニアダッシュ 9:40 満5歳~14歳 40分
 2kmジュニアダッシュ 9:25 満5歳~10歳 30分

 7月2日(日)

 種目 スタート時間 年齢制限 制限時間
 フルマラソン 7:20 満18歳以上 6時間30分
 車椅子フルマラソン 7:15 満18歳以上 6時間30分
 ハーフマラソン 6:00 満15歳以上 3時間
 車椅子15kmレース 7:15 満12歳以上 2時間

 

魅力5. 観光も楽しめる!

ゴールドコーストといえばオーストラリア有数の観光地。サーファーズパラダイス一帯に広がるビーチエリアはもちろんのこと、コアラが抱っこできる『カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー』に行ったり、『ムービーワールド』『ドリームワールド』『シーワールド』等のテーマパークで思いっきり遊んでみたり、アウトレットでお買い物を楽しんだりと、観光スポットが盛りだくさん!

サーファーズパラダイス周辺にはキッチンや洗濯機等が備え付けられたコンドミニアム型のホテルも多いので、少し早めに現地入りして、観光を楽しみつつコンディションを整えるのがオススメです。

 

以上『【マラソンでベストタイムを出したい人に捧げる】ゴールドコースト・マラソンの5つの魅力』でした。ゴールドコースト・マラソンに興味を持った方はコチラより詳細をご確認ください。ちょっと早めの夏休みには、観光と一緒にマラソンに挑戦してみるのはいかがでしょうか!

 

RELATED

KEYWORD