2017.02.17 【3分でわかるBlack Jack(ブラックジャック)】中級者向け カジノの遊び方

カジノゲームに慣れ始めたら、次に挑戦して頂きたいのが『Black Jack(ブラックジャック)』。ポーカーやバカラと同様に、カジノで人気の高いカードゲームなので、名前だけでは聞いたことがある!という方も多いと思います。Black Jackは運だけに頼らず、自分で戦略をたてながら進めることが出来るので、ちょっとカジノに慣れた中級者向けのゲームといえるでしょう!

 

Black Jack(ブラックジャック)とは?

カードの数字の合計点数が21点を越えない範囲で、プレイヤーがディーラーより高い点数を出すことができたら勝ち、という非常にシンプルなゲームです。

諸説ありますが、起源は16世紀にフランスで流行していた『vingt et un(ヴァンテ・アン)』(フランス語で『21』の意味)というカードゲームだと言われています。それが1800年代にアメリカに伝えられ、現在の基本ルールが確立し、『Black Jack(ブラックジャック)』と名づけられたそうです。

 

カードの数え方

■「エース(A)」=1点もしくは11点のどちらか都合の良い方で数える

■「10」・「ジャック」・「クィーン」・「キング」=10点

■上記以外の「2~9」=表示通り

 

Black Jack用語集

Black Jack(ブラックジャック)を楽しくプレイする為には、まずはゲーム中に使用される専門用語の習得がカギ!ここでは最低限必要なBlack Jack用語をご紹介するので、しっかり覚えましょう。

Hit(ヒット) - カードをもう1枚引くこと。

Stand(スタンド) - カードを引くのをやめること。

Up Card(アップカード)/Open Card(オープンカード) - ディーラーに配られた2枚のカードのうち、表向きのカードのこと。

Hold Card(ホールドカード) - ディーラーに配られた2枚のカードのうち、裏向きのカードのこと。

Ten Card(テンカード) - 10と絵札(J/Q/K)のこと。

Black Jack(ブラックジャック) - 最初に配られた2枚のカードが『エースとTen Card(10/J/Q/K)』で合計数が21のこと。

Bust(バスト) - ディーラーやプレイヤーのカードの合計数が21を超えること。

 

How to Play

レイアウトイメージ

1. プレイヤーはテーブルの上に描かれている円(ベッティングサークル)にチップを置いてゲームに参加します。

2. ゲームが始まるとディーラーと参加プレイヤー全員に、それぞれ2枚のカードが配られます。この時プレイヤーのカードは2枚とも表向きに、ディーラーのカードは1枚がUpCard、もう1枚はHoldCardとなります。

3. 全員にカードが配布された後、1番右側のプレイヤーから時計周りに3枚目以降のカードを引くか(Hitする)、引くのをやめるか(Standする)を決めます。(これをアクションと呼びます。)3枚目をHitした場合、カードの点数が21以下なら更にHitするかStandするかを決めることが出来ます。

※3枚目以降を引いた際に、合計点数が21を越えてしまった場合にはBust(バスト)となり、その時点で負けが決まります。

4. 全プレイヤーのアクションが終了したところで、ディーラーのHoldCardがめくられます。その際に合計点数が16以下だった場合には、ディーラーは17以上になるまでHitし続けなければなりません。

※この際にディーラーがBust(バスト)した場合には、プレイヤーの勝ちとなります。ただし両者ともBust(バスト)した際にはディーラーの勝ちとなります。

5. ディーラーの合計点数が17以上になった時点でディーラーの数字も確定となり、プレイヤーの合計点数がディーラーより大きければプレイヤーの勝利!

 

How to Bet

Black Jack(ブラックジャック)では、カード配布後でもBETを追加出来るルールや、大負けしそうな時はそれを回避するようなルールがあります。基本の配当やBET方法を理解して、勝負を有利に進めましょう♪

ディーラーよりも21に近い合計点数で勝利した場合、配当は2倍となります。

Black Jack(ブラックジャック)で勝利した場合には、配当は2.5倍になります。

■点数が同じ引き分けの場合には、賭けたチップがそのまま戻ってきます

Surrender(サレンダー) - ディーラーのUp Card/Open Cardを確認し、自分のカードが不利だと思った時点で『Surrender(サレンダー)』を選択すると、BET額の半分が戻ってきます。

Split(スプリット) - 最初に配られた2枚のカードの数字が同じだった場合、同額のBETを追加することで、それぞれ独立したゲームとしてプレイ出来るルールです。

Double Down(ダブルダウン) - 2枚のカードが配られた時点で、残り1回しかカードは引かない代わりにBETを追加で2倍に出来るルールです。

Insurance(インシュアランス) - ディーラーのUp Card/Open Cardがエースだった場合、BET額の半分を更にInsurance(インシュアランス)として追加でBETすることで、ディーラーがBlack Jack(ブラックジャック)だった際には、BET額+Insurance額全てが戻ってくるルールです。

 

以上、『【3分でわかるBlack Jack(ブラックジャック)】中級者向け カジノの遊び方』でした!戦略を駆使して、Black Jackを楽しんでみてください♪

 

RELATED

KEYWORD